施工実績 : 伊豆縦貫大場高架橋南下部工事(公共土木)

事業名 平成22年度 伊豆縦貫大場高架橋南下部工事
発注者 国土交通省 中部地方整備局 沼津河川国道事務所
施工場所 静岡県 三島市 大場地内
竣工 平成24年6月
構造・規模 道路土工1式、法面工950m2、石・ブロック積工346m2、排水構造物工1式、舗装工1,121m2、縁石工65m、構造物撤去工1式、RC橋脚工2基、土留・仮締切工1式

当作業所は、沼津・三島都市圏内の交通渋滞を緩和し、伊豆半島へのアクセス機能を向上するための本線道路の橋梁下部工事です。(平成26年2月 開通済み)

この現場はまず、橋の土台となる基礎を場所打杭工(オールケーシング工法)にて、長さ23mの杭を8本(φ2000)施工しました。これは、土中にある硬い支持地盤に杭を打ち込む事により、構造物の重さや地震に強い構造物を作るための基礎です。
続いて構造物を築造していくため、土中の掘削を行い、構造物を囲うための鋼矢板(Ⅲ型L=16.5m)を178枚打ち込みました。これは硬質地盤クリア工法といい、硬い岩盤や転石・玉石を砕き、鋼矢板を打ち込む工法です。
次に、順次掘削し、切梁や腹起しを設置、土留めを行います。掘削には大型機械や小型機械を使用して、約6mの掘削を行います。これよりコンクリート構造物を造り始めます。
地上より足場の組み立てを行いながら、計8回に分けコンクリートを打設し、構築していきます。高さは最終的に地上より約25m程あり、とても高い場所で、毎日クレーン車による作業になりました。
土木部 野田さん 顔写真

担当者の声 (土木部 野田)

経験上、初めてのハイピアでした。施工管理において、体力的に大変な現場でしたが、完成することができて良かったです。

土木部 小宮山さん 顔写真

担当者の声 (土木部 小宮山)

この現場の作業は非常に高所であり、毎日危険と向き合っての施工管理でした。体力的にも大変でしたが、事故もなく大きな達成感で完成できました。

駿豆建設株式会社

お電話・Webでお問い合わせください

  • 電話番号 055-977-1610(受付時間 平日・第1,3土曜 8:00-17:00)
  • お問い合わせフォーム